<< しいたけのゆずバター焼き | main | またまた依頼 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | by スポンサードリンク
Lunarscape


RICOH GR DIGITAL

人類が月に移住し、地球上と同じように人々が行き来するシーンが当たり前になる日がくるのだろうか。

「ルナースケイプ(月面世界の光景)」



| comments(6) | trackbacks(0) | 写真しりとり | by amaco
スポンサーサイト
| - | - | - | by スポンサードリンク
コメント
動きがあってカッコイイね!これは狙って撮ったの?

ただいま、俺も常時携帯用のカメラを探し中。
ボーナスで買ってしまうだろう。レンズも。
物欲は止まらない(笑)。
| D-SUKE | 2005/12/07 2:22 AM |
うん、GR DIGITALは白黒モードで撮れるのでイメージしやすかったんだよ(液晶画面に白黒映像が表示される)

>ただいま、俺も常時携帯用のカメラを探し中。
>ボーナスで買ってしまうだろう。レンズも。
>物欲は止まらない(笑)。

おぉ。候補は何なの?<コンパクトカメラ
レンズは望遠だよね。

って、すごい責任を感じる(wara)<物欲
| amaco | 2005/12/07 11:41 PM |
手ブレ補正機能はほしいなと。光学式のやつ。
あとは広角側が28mmあると嬉しいのだけど…種類少ないね。

しかしまぁ各社の撮影サンプルを見比べると、やっぱりcanonのDIGIC2は凄いんだなぁと思い知るよ。他社のはノイズが気になる。あるていど妥協しなきゃねー。

>罪悪感
いやいや、むしろ感謝してます(笑)
| d-suke | 2005/12/11 3:43 PM |
確かに少ないよね。手ぶれ補正付きで広角28mmだと、PanasonicのLUMIX LX1とRICOHのCaplio R3くらいしか思い浮かばないな。

俺もGRD買う時はノイズと手ぶれ補正に関してはかなり迷ったけど、結局一眼ユーザを意識した設計が決め手となった。やっぱり撮影意欲を掻き立てられて、撮っていて楽しいカメラってのが一番大事だと感じた。

28mm単焦点、開放F値F2.4の明るさってのはデジカメではコレが現状唯一無二の存在だったってのもあるけど。

で、ノイズが多くても良い写真撮っている人の写真はやっぱり良いってことに気づいて(wara)自分もそうなりたいって思ったら、ノイズがあまり気にならなくなりました。そのディスアドバンテージをどうやったら撮影方法でカバーできるだろうって、また色々頭を使って考えるようになると思うし(その例がこのLunarscapeだったり→高感度ノイズが酷いなら、あえて低感度、低シャッター速度で画にしてやろうじゃん!っていう)

実際、GRDは発表当初はボロクソに叩かれていたんだけど、上手い人の作例がアップされたとたん気持ちが変わった人がかなりいたくらい。

だから、きっとカメラ選びには自分の写真に対する気持ちがきっと現れると思うよ。そういう意味で、Dがどのカメラを選ぶかが非常に興味アリ!
| amaco | 2005/12/11 6:59 PM |
>ノイズに対する結論
(笑)今日カメラ見ながら俺が考えてたことと全く同じ結論に達してるねぇ。

まだ詳しく調べてないんで、どのカメラにするかはまだ決まってません。今のところPanasonicのLUMIX LX1とRICOHのCaplio R3が候補ですが(笑)
| D-SUKE | 2005/12/11 8:34 PM |
あー、やっぱりその2機種しかないのか(wara)
フジのFinePixは手ぶれ補正はないけど高感度に関しては定評があるから一応その辺も選択肢に入れてもいいかも。28mmからだったかどうかは知らないけど。
| amaco | 2005/12/11 8:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://amaco.jugem.cc/trackback/397
トラックバック
-->